スクワットは下半身を強くする極めて有効なトレーニングである反面、正しく行わないと膝や腰などの怪我につながります。診察時にスクワットを勧められた方は、まずこの動画を参考にして練習をしてください。

パソコンやスマホなどによる長時間の座位や、誤った重心のかけ方は骨盤後傾や骨盤前傾といった姿勢異常を引き起こします。これらはストレートネックや猫背などに直結し、肩こりや腰痛の原因となります。この動画は診察時に指示された姿勢矯正のためのストレッチやトレーニングを患者さんが自宅で予習や復習するためのものです。